このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

曽根原久司

関東ツーリズム大学協議会事務局長
NPO法人えがおつなげて代表理事山梨大学客員准教授
長野県出身、東京の大学を卒業後、フリーター、ミュージシャンを経て、経営コンサルタントの道へ。銀行などの経営指導を通して日本の未来に危機を感じ、その救済モデルを創造すべく、東京から山梨の農山村地域へと移住。農業・林業をしながら“村・人・時代づくり”をコンセプトに都市農村交流の実現を目指すNPO活動を展開。「第一回オーライ! ニッポン大賞ライフスタイル賞」受賞や、内閣官房都市再生本部が選定する「地域活性化伝道師」235人中の1人にも選ばれる。

西辻一真

モットー「農業が好きだからなんとかしたい」1982年6月福井県にて生まれる。2006年、京都大学農学部資源生物科学学科卒業、在学中はダイズサポニンの研究において稀有な成果を残す。卒業後、大手広告会社に入社。2007年、株式会社おこしを起業後、ネットショップの構築・運営事業を行い地域の伝統品の販売サイトを立ち上げる。同年、株式会社マイファームを設立。株式会社おこしと事業統合させ、代表を務める。2008年11月、きょうと元気な地域づくり応援ファンド支援事業認定。Eticビジネスコンテスト入賞(2008年3月)、京都ビジネスコンテスト優勝(2008年8月)、GMO「インターネットビジネスブランプリ 2008」特別賞(社会貢献賞)(2008年11月)など、受賞多数。